2020.04.13 Monday

【市原市・袖ケ浦市】子育て家庭からの提言書

休校・休園に伴う子育て家庭に必要な支援について、

市原市・袖ケ浦市の子育て家庭にご協力をいただきいたアンケート結果を

踏まえ、提言書を作成いたしました。

 

現在、各市に対し、市議会議員の方を経由して提言書の提出を

する方向で動いております。

 

何が正解かは分かりませんし、このアンケート結果もすでに1週間前にものになっていますが、

前例のない社会が急速に構成されつつあります。

 

今生活をしている小さなお子さんを抱えた家庭が何を必要としているのか、

言葉にして伝えなければ伝わらないと考え、

市原市・袖ケ浦市 各市の市長および教育長宛てに、

以下の内容を提言させていただくことにいたしました。

 

--------------------

 

【提案】

  • 提案1:教育関連(問題1に対して)

●子どものケア

  保育園・保育・放課後デイにおける感染リスクと、子どもだけで過ごすリスクで、預けざるを得ない親が多くいます。保育園や学童保育、放課後デイの職員も大半が母親であり、家族の健康を担う人でもあります。上記保育施設に対して医療従事者並みの感染防止措置への支援と、働く職員へのご支援をお願いしたいです。親の職業で保育する子を選別するのは、子どもの最善の利益に反する可能性があります。保育を必要とするかどうかは、親の職業だけで判断するということはやめていただきたい。他の視点も踏まえ、1か月も登園登校させないのが本当にその子の最善の利益にかなうことか、保護者・先生方・支援者の判断を最優先していただきたい。

●校庭、広場開放

人数や遊びの制限をしたうえで、校庭や公園、広場の開放をしてもらいたいという要望があります。アンケートより見守りならできるという回答もあり、ガイドラインを設けたうえで保護者ボランティアを活用して実施していただきたい。

 

  •  提案2:教育関連(問題2に対して)

●オンライン授業、授業配信、グループ面談等
特に就学期の小学生、中学生に対して、休校が長期化し家庭学習が難しくなってきています。また、担任や友人とのつながりを求める声もありました。私学ですでに始まっているオンラインでの授業開講が望ましいですが、すぐには難しいと思いますので、一方的な講義動画配信などを少人数に分散させた登校日を組み合わせることを提案します。学習する習慣や学習への興味を失わせないよう、学校とのつながりを意識させることが目的です。 アンケートでは、オンライン学習の環境は全体の89%の家庭で「整っている」あるいは「1〜2週間で整えることができる」という回答が得られました。オンライン学習の環境を準備できない、と回答した人は11%。そういった方には、感染防止策を講じた上での学校の教室や保護者ボランティアなどを募ることを提案します。

 

  • 提案3:(問題4に対して)

●給食に代わる弁当の配達許可

親が不在の家庭特に、栄養面の偏り、十分な食事の提供ができない、弁当づくりへの不安等があります。休校期間中、学校給食の提供がない期間は、地域の飲食店の協力を得て家庭に届ける、学童保育・放課後デイへ届ける等の仕組みを構築できないものか、考えていただきたいと思います。船橋市のように「#食べよう市原」「#食べよう袖ケ浦」などで市内飲食店のテイクアウト情報を発信するなどの音頭をとっていただきたい。

 

  • 提案4:子育て支援関連(問題4、5対して)

学童保育、教室解放など、子どもの居場所の確保
在宅ワークが増えたことと子どもが家に長時間いることで、母親のストレスが大きくなっており、子どもの安全面の懸念があります。千葉市が実践しているように、学校の教室を開放し、距離を取りながら過ごせる環境の提供を検討いただきたく思います。その際、見守りが必要であれは、親や地域のボランティアを募ることもありかと思います。また、小さな子どもをみながらの在宅ワークは、事実上不可能という家庭も多いです。

●家庭内暴力、虐待防止の観点での支援
生活環境、経済状況の変化により、父と母の関係性が悪化するケースもあり、最悪の場合はDV家庭内暴力・虐待にも発展する可能性があります(全国女性シェルターネット「新型コロナウイルス対策状況下におけるDV・児童虐待防止に関する要望書」を参考とした)既存の相談窓口のPRの強化と同時に子どもの居場所の確保、または地域の見守りシステムの構築を検討していただきたく思います。
上記いずれも、学校が子どもの居場所の中心となることは間違いないと考えます。既存の教員だけに頼るのではなく、地域の教育関連の個人事業者や、こども会、登校班などの既存システムをうまく利用することで、子どもたちの見守りや顔の見えるサポートができるのではないでしょうか。

 

  • 提案5:.保健衛生関連(問題7に対して)

●預け合い、子育てサポートの感染防止ガイドラインの設定
 買い物や散歩同行、少人数であれば勉強をみることができる、お迎えや留守番の様子見ができるなど、自分の家庭のことだけでなく手助けできると考えている人は過半数を超えています。しかしそれを躊躇するのは、感染リスクの増大に加担してしまうことを危惧するからです。
 ボランティアにあたり留意すること、行うこと・行ってはいけないことのガイドラインを設け、積極的・自発的な支え合いを促進したい。正解が分からないのは世界共通、今の時点における感染防止のための講習、感染以外のリスクについてボランティア保険の適応を認め、登録を学校等でできるようにすることも検討できないか。

 

  • 提案6:商業関連(問題6に対して)

●収入、雇用の保障
経済的な不安を抱えているのは特に非正規雇用の親であることがアンケートでも明らかです。生活支援の融資や援助、就学援助制度などの情報発信をこれまで以上に行い非課税世帯に確実に届けていただきたく思います。


2020.04.08 Wednesday

コロナ休校・休園に関するアンケート結果(2020/4/8)

■対象 :市原市・袖ケ浦市在住のる市原市・袖ケ浦市の、学齢期のお子さんがいる家庭、就学前のお子さんがいる家庭

■実施期間:2020年4月5日(日)16:30〜 4月8日(水)10:00

■回答数 :72 件

■アンケートの目的

休校期間の長期化がきまり、それぞれのご家庭で(子ども・親が)どのように過ごしているのか、どのようなサポートを必要としているかを調査する。また、親同士・地域の人同士でどのように助け合えるかについて、意識調査を行い、結果を市に提供し市政に役立てる。

 

 

 

【アンケート結果から読み取れた問題点】

  1. アンケート実施時点において約半数の母親が、46日(月)以降も出勤して仕事する予定です。休校・休園が長引くことで、子どものストレスの他に一人もしくは子どもだけで過ごす家庭もあり、「子どものケア」が最も懸念される点です(58%・第1位)。
  2. 子どもに関しての心配事は、精神面(62%)、勉強・学習面(59%)、身体面(44%)、についてが上位です。子どもへのサポートの必要性が高いと感じているのは、勉強面(66%)、運動面(53%)に次いで、友人と過ごす時間の確保(40%)です。子どもへのサポートとしては、大人でも子供でもいいから遊び相手が欲しいなどの意見が上がっています。友人と過ごす時間は、高学年ほど必要性が高いと回答しています。オンライン授業への要望は高く、またネットで先生と繋がることの必要性についてのコメントもありました。
  3. 親へのサポートとして求めていることは、「収入・雇用の保障」(51%・第1)、「自身のストレス緩和」(40%・第2位)。休みたいけど休めない、どうすればよいのか分からないといった不満・不安もありました。
  4. 栄養面については親が心配なことのなかで34%あがっており(「子どもに必要なサポート」への回答のうち18%・第4位)、特に給食費無料世帯において、長引く休校で食費の増加に困窮しているという内容の記述もありました。
  5. 回答者全体では親のために必要なサポート1位は収入雇用の保障(51%)でしたが、在宅している母親の必要としているサポートは、自身のストレスに対してであり(56%・1位)、長引く巣ごもり生活に母親のストレスが高くなっていることが明確になっています。
  6. 親の生活に関する心配事では、非正規の母親のほうが収入や雇用への不安が強いことが分かりました。(全体28%→母親が正社員以外38%)
  7. さまざまな問題に対して、自分ができることは支え合いたいと考えている人が多く、現在の困難な状況下にも関わらず、なんらかの「サポートできること」をあげた人が全体の75でしたが、一方で25%の親がサポートできることは無いと答えました。同時期の船橋市のワーキングマザーを対象としたアンケートでは90%以上が何らかのサポートができると答えたのと比較すると、市原市の子育て中の親の余裕のなさが伺えます。
  8. 万一、親の自身が感染した後の子供たちの生活がどうなるかの不安が見受けられました。特に保育士・学童保育等の職員は自身も母親であることも多く、リスクを負いながらの勤務に疲弊しないような支援が早急に必要です。

-----------------------------------------------------

詳細な結果はpdfでご用意しておりますので、必要な方は

info@ichihara-kosodate.net

までご連絡をください。

自由記述における個人が特定される可能性のあるものは、表現を変えてあります。ご了承ください。

ご協力ありがとうございました。

-----------------------結果詳細---------------------

 

■自由記述より(一部抜粋)

●子供の保育園や幼稚園も出来れば休ませたいと思うけど、私自身も保育園で働いているので難しい。

保育園とは違う内容ですが、軽症の方は検査をしてもらえないようで、今後その方は職場に出勤してくるようです。そのまま一緒に働いたら自分が感染し、関わる方も感染し、家族も感染し、保育園も休園になりと悪いことだらけ。

●子どももストレスの為か機嫌が悪く、それに伴い自分もイライラがたまり辛い

●市原市は国や県の動きに追従するだけで、市独自の対応など工夫が見られない。細やかな説明が欲しい。今までの漫然とした休校で策がないとなるとストレスは増える一方。

●コロナが怖いけれど、ネットスーパーなども在庫切ればかりなので買いに行くしかない子どもを連れて買い物を行くのも怖い。

●休校延長が決まりがっかりする子どもを見て、いかに学校が楽しいものかが分かりました。自分の仕事でも今までと違うやり方はできないかと模索したいですが、学校もできることから始めてもらいたいと思います。いつまでこの状況が続くか分からないですから。

●コロナ終息には早い対策、みんなの協力が必要。

●私自身基礎疾患があるのでかかってしまったら子供の生活がどうなるかと心配があります。早く終息してもらいたいですね。

●緊急事態宣言が出たが我が家は夫婦揃って除外職種。仕事は休めません、在宅出来ません。保育園、学童の休園は困ります。とにかく預かってくれるところが必要です。

●収束を待つしかないけど、自分にできることはないか考えてしまう。でも周りと接触しない事が1番。なので大人しくしているしかない。いつも頭では同じことを考えている。子育ては1人ではなくみんなとの繋がりでできるものなんだと痛感している。


2020.02.17 Monday

【2020/2/20(木)】10:00〜ミーティングに遊びに来ませんか?

こんばんは。

毎年この時期はインフルエンザやら胃腸炎やらにおびえる時期ですが、

今年は新型コロナでそれどころじゃなくなってますね。

いろいろなイベントが中止になって、がっかりしている方もいるのでは。

 

どんなにイベントが中止になっても受験だけは中止にならず、

諦めとため息の入り混じる微妙な時間を過ごしているmakiです。

 

小さい頃から勉強という習慣を身に付けてこなかったことを今頃嘆いても仕方ないのですが、

でも机に向かって何かをすることが苦手な子もいるんだよ、と

自分に言い訳😞。あ、すみません💦。

 

ミーテイングのお知らせです。

 

応援団のミーティングは、月1回開催しています。

次回は今週木曜日、2月20日(木)10:00〜です。

場所は、FUKUMASU BASE(フクマスベース、福増幼稚園そば)。

 

どうぞ、お気軽にお越しください。

ちょっと気になる〜という方は、info@ichihara-kosodate.net まで

メールをください。

 

次は何をしようか〜という話し合いというおしゃべりと、

情報交換と、お互いの近況と子育てのことなど。

つらいことも、最後は笑い飛ばせるような不思議な空気を持つ

応援団のスタッフ(とそのベビちゃん達)がお待ちしています。

 

☆「幼稚園探し」イベントを6月ごろ企画しておりますが、

 幼稚園ママでお子さんが通っている園情報を提供してくださる方を

 募集しています。ご協力いただける方は、

 info@ichihara-kosodate.net まで

 ご連絡をください。

 

全国の受験生、頑張れ!!コロナに負けるな!!

 

 

 


2020.01.10 Friday

【2020/1/15(水)】ミーティングに遊びに来ませんか?

2020年明けて10日経ってしまいましたが、

 

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ、皆さまよろしくお願いします。

 

市原市の子育てを、もっと楽しく!素敵に!を合言葉に

やりたいことを

やりたい人が

やりたい時に

 

という無理をしない活動で、16年続いているいちはら子育て応援団。

月1回ミーティングを現在行っています。

ミーティングという名の、おしゃべり、情報共有、やりたいことを話す場。

 

ここからいろいろなイベントが生まれます。

16年の間、新しいメンバーが来て、子どもが大きくなったママは

仕事にいったり、転居したり、と

入れ替わりもあります。

 

いつも中心にいるのは「赤ちゃん」。

子ども達の成長をみんなで喜んで、悩みを共有して、

一緒に子育てをしている感じ!

 

赤ちゃんがもういない私は、いつもここからパワーをもらっています。

 

次回のミーティング予定は

1月15日(水)10:00〜

です。

 

二月は、2月20日(木)10:00〜を予定しています。

 

ちょっとでも覗いてみたいという方、何話してんだろ?という方、

子どもと一緒に行く場所がなくって、、、

どんな理由でもOK!

 

一度遊びに来てくださいね。

 

info@ichihara-kosodate.netまでお気軽にご連絡くださいね。

 

iPhoneImage.png


2019.12.27 Friday

【2020/1/30】OyatoCo食堂〜ピザ&ティラミス〜

2019年ももうすぐ終わりですね。

こんばんは、makiです。

 

1年、あっという間です。自分も子どもも、1年分成長しました。

ねずみ年の2020年はどんな年になるのでしょうね。

 

いちはら子育て応援団、年始のイベントは、OyatoCo(オヤトコ)食堂です。

-------------------------------------------------------------

〜みんなでお料理をして、楽しくおいしくご飯を食べよう〜

1月のメニューは&ティラです。

 

自称「料理苦手の料理研究家」いちはら子育て応援団代表makiによる

超簡単ティラミスのレシピ初公開です。

 

いつも子どもと一緒に頑張っているママ、はじめましてのママ、どなたでも大歓迎。

大人も子どもも、みんなで一緒にOyatoCo食堂で楽しく過ごしましょう♪

 

日程   2020年1月30日(木)

時間   10:30〜13:30

場所   FUKUMASU BASE(ふくますべーす)

      市原市福増690-1 ※福増幼稚園近くの白いテントです。

 

参加費  500円/大人

定員   親子10組、大人だけの参加もOK!

      (要予約・定員になり次第〆切)

 

持ち物  お箸・おわん・お皿・各自飲み物

      ご自宅にピザのトッピングになるようなものがありましたら、

      お持ちください。

    (ピザ用チーズとピザソース、ピザ生地は準備しています)


お申込みはこちらのページからどうぞ!

 

---------------------------------------------------


2019.12.19 Thursday

令和元年最後のミーティングを開催しました

今日は昨日とは打って変わった寒い一日ですね。

こんにちは。makiです☆彡

 

昨日は暖かで、穏やかな一日でした。

 

そんな中、フクマスベースで応援団今年最後のミーテイング。

終わった後はみんなでお昼をいただきながら、おしゃべり。

 

初めましての方も2名きて、子育てのこと、レシピのこと、4月からの働き方のこと・・・

いろんな話題が出て、尽きませんでした。

 

私はこの時間が大好きです。

今を楽しんで、エネルギーにあふれているママ達、あどけない赤ちゃん達。

ポジティブで、明るい気持ちに、一瞬でなれます。

 

こんな空気の中から、応援団の次のイベントが生まれます。

 

次回イベントは、なんと、料理苦手の私、makiの簡単ティラミス!

1月30日(木)を予定しています。

毎回持ち寄りの時は、必ずティラミスのみの私。

いつもレシピを聞かれるのですが、やはり実際に作るイメージはなかなか伝えられず。

これは料理か?というぐらい簡単なんです。所要時間20分、もかからないぐらい。

年明けに告知しまーす☆お楽しみに(^_-)-☆

 

1月のミーテイングは、15日(水)です。

このエネルギーを浴びたい方は、お気軽にお問い合わせくださいね!

info@ichihara-kosodate.net

 

 


2019.12.12 Thursday

[2019/12/18]ミーティングに遊びに来ませんか?

今日は12月とは思えない暖かさでしたね。

 

こんばんは。makiです。

 

12月18日(水)10:00〜13:00ごろまで

いちはら子育て応援団、今年最後のミーティングをします。

場所:FUKUMASU BASE(福増ベース)市原市福増690−1

 

ミーティングの後は、お楽しみの持ち寄りランチ会もあります。

 

ミーティングとは言っても、情報交換したり、これからやりたいことを話したり。

 

子ども達の遊ぶ声、泣く声にかきけされたり、

赤ちゃんに癒されたり。

メンバーの子どもの成長に、みんなで驚いたり、喜んだり。

 

子ども達も一緒に、しゃべって、食べて、楽しいひと時です。

 

ご興味ある方はご連絡くださいね♪

info@ichihara-kosodate.net

 

iPhoneImage.png

 


2019.09.12 Thursday

9/13(金)フクマスベースで一息つきませんか?

台風で被害にあわれた方々に、心からお見舞い申し上げます。

 

小さな赤ちゃんがいるご家庭では、停電、水、ライフラインの遮断の

影響も大きく、さらに暑さの追い打ちもあり、、、

まだ停電が続いているご家庭にとっては、まだまだ続く大変な日々かと思います。

 

災害が、本当に身近になりました。

今回私も初めて「被災」した側の気持ちになると同時に、

何も出来ないことに罪悪感も。

 

そんな中、応援団のスタッフやお友達同士で助け合ったり、ものを融通したり、

情報を拡散したり、とできることをしている様子をフェイスブックなどでみて、

市原、いいなぁ、、、と改めて思いました。

 

いちはら子育て応援団は、明日(9/13)、ワーキングママカフェ@保活編を

予定しております。

 

こちらを、急遽、

ママカフェ@保活&ほっと一息 しまして、

保活の話もしながら、保育園探しとは縁のない方も、

まだライフラインが復旧していない方は、お食事も用意いたします。

今回の台風からきた疲れを癒しませんか?

 

同じ経験をしたママ達同士で、今の気持ちを話して、

忘れないうちに、心にとどめるもの、吐き出して終わりにするもの、などを

語り合いましょう。

 

10:00〜 お昼は、豚汁とそうめんを用意いたします。

※材料費としてお気持ち程度をいただけると

 大変助かります!

 

現在福増幼稚園さんは、「FUKUMASU BASE」を地域住民のために

解放していますので、他の方もいるかもしれませんが、

このような時です。出会いを、楽しみましょう。


大きな災害の後は、ストレス反応がやってきます。

急に悲しくなったり、怒りに襲われたり、大きな感情の揺さぶりが

くることもありますが、大丈夫です。

これほどの経験をしたのです。

昇華していく、正常な反応だと思って、受け止めていきましょう。

 

明日、10:00、赤ちゃんのゴロゴロスペースも用意しています。

 

みんなで、おしゃべりを楽しみましょう♪

 

 


2019.09.02 Monday

9/13(金)ワーママカフェ「保活編」参加者募集中

今日から9月!

またまた暑くなりましたが、何よりも、

長かった夏休みがやっと終わったぁ!

 

朝、久しぶりに誰もいなくなったリビングにさっそく掃除機をかけました。

 

こんにちは。makiです。

 

9月13日(金)ワーママカフェ【保活編】をフクマスベースにて開催します。

お茶とお菓子をいただきながら、保育園について話しましょう♪

先輩ママの保育園生活の実態や、保育園の見極め方、先生との

付き合い方などが聞けます。

 

10月からは幼児教育無償化も始まりますね。

いっそう複雑になってくる社会システムに振り回されないように、

自分の考えを固める良い機会になりますよ^^

 

私はもう未就学の子ども達はいないのですが、仕事として

保育園に関わっているので、保育園の先生とのお付き合いノウハウなどを

お話できればと思います。

 

お申し込みは、いちはら子育て応援団のHPへ

 

 

さらに後の10月になりますが、このようなイベントもありますよ♪

こちらは、10月から始まる幼児教育無償化を中心とした

制度の違いから、預け先を選ぶポイントなどをお伝えします。


 

 


こちらはお申込みは市原市になります。

近日中に当ブログにて、改めてご紹介しますね!

ワーママカフェでは、普段は聞けない保育園選びの本音などをお話しします!


2019.07.16 Tuesday

開催決定【北欧流外遊びのススメ】

こんばんは。makiです。

夏休みに入った方も、そうでない方も。

これから始まるながーい夏。

我が家は受験生が一人。そのため旅行の予定もなしです。

こっちの夏も、燃え尽きてもらいたいものです。

 

昨年あっという間に満員御礼になったワークショップ。

 

「北欧流外遊びのススメ」

 

今年も開催決定です♪

 

昨年は著者の一人Robertさんをスウェーデンからお呼びしての開催でしたが、

今年は、この教材の翻訳者であり、北海道のNPO法人当別エコロジカルコミュニティーの

代表山本幹彦氏を講師に、

なぜ野外で活動すると人間の脳が活性されるのか、記憶に残りやすいのかなどの解説と、
実際に未就学児の学びに使えるワークを教えていただきます。
今回は、幼稚園・保育園・こども園の先生方を対象としたワークショップです。


改定された保育所保育指針、認定こども園・幼稚園教育要領に基づいた解説もあります。

 

■開催予定■

2019年11月17日(日)13:00〜16:00 FUKUMASU BASE(フクマスベース)

                       千葉県市原市福増690−1 福増幼稚園そば

2019年11月18日(月)13:00〜16:00 杏保育園 千葉県市原市根田878

2019年11月19日(火)13:00〜16:00 ときわ保育園 千葉県市川市若宮2−19−13

 

■定員 各回30名(幼稚園・保育園・認定こども園に関わる方)

■参加費 一人 3000円(一園から2名まで参加可。2名参加の場合5000円)

お申込み受付は、9月2日(月)〜です。

 

昨年はいちはら子育て応援団が主催でしたが、

今年は対象を主に先生方とさせていただきましたため、

M’s(エムズ)キャリア・ラボ主催になります。

(代表谷口の会社ですが^^;)

 

お問い合わせは、M’s(エムズ)キャリア・ラボ まで。

 



ブログ内検索

いちはら子育て応援団で一緒に活動しませんか?

いちはら子育て応援団は、
市原市を中心とした子育て中のママたちが、
やりたいことをやりたい時にやりたい人がやる!
をモットーに活動している団体です。
ちょっとでも興味あるな〜と思った方、
ぜひ応援団主催のイベントやミーティングに、
お子さんと一緒に来てみてくださいネ。

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

最新の投稿

ブログカテゴリー

最新のコメント

  • 苔玉つくり、開催しました( *´艸`)
    aznable
  • 苔玉つくり、開催しました( *´艸`)
    しぃた
  • 9月リフレッシュ講座 ハッピーフォトレッスン報告☆
    maki
  • 9月リフレッシュ講座 ハッピーフォトレッスン報告☆
    北嶋 景子
  • 第4回いちはらパパママフェスタ 6/12(金)〜予約開始!
    maki
  • 第4回いちはらパパママフェスタ 6/12(金)〜予約開始!
    一場 貴裕
  • どんぐり学級おともだち募集
    tomoe
  • どんぐり学級おともだち募集
    &#11088;&#65038;kei5&#11088;&#65038;
  • 『NPOいちはら子育て応援団』になりました。
    maki
  • 子どものこころに届くしかり方・褒め方
    aznable

リンク

プロフィール

その他

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM