2007.05.09 Wednesday

地域新聞に紹介されました!

突然ですが、この「市原子育て応援団」が地域新聞社さんの取材を受けて、その記事が今週配布の5月11日号に載ることになりました!
ただ、市原版だけなので、ちはら台にお住まいの方だけはご覧になることができません!
(ちはら台は千葉南版の配達だそうです)申し訳ありません。
またまた、このサイトも訪問者が増えそうですが、今までお付き合いくださって来た方々、新規の訪問者の方々、今後ともよろしくお願いいたします。

2007.04.25 Wednesday

認定こども園

またまた、ごぶさたしてしまいました。すみません。
4月も後半に入り、新しい生活を始められた方も少し落ち着いたのではないでしょうか?
さて、以前掲示板でも取り上げた「認定こども園」。昨日TV番組でも取り上げられていてましたね。その概要はこんな感じかな?TVを基に調べてみました。
《学校教育法に(文部科学省)に基づく幼稚園と、児童福祉法(厚生労働省)に基づく保育所の機能を一体化しようという動きのことを幼保一元化という。親の就労の有無で利用できる施設が限定されることへの不満に加え、都市の待機児童の増加、地方の過疎・少子化による子ども集団の小規模化を解消する狙いも。子育て不安に対応した相談や親子の集いの場も提供する。これらの機能を備えた施設を「認定こども園」とする法案をつくるため、国はモデル事業を実施。》※2006年3月23日毎日新聞朝刊より。
そして、昨年10月から施行されて、全国各地で申請のあった園を審査し、認可を与え、この春から開園している所もあるようですが、千葉県ではまだ1箇所しか認可されていません。それで、市原市でも法律の施行に合わせ、こういった機能を果たせる園について、助成を拡大する方向ではあるようですが、具体的にはまだどこが、という状況にはないようです。市原市は保育所は主に公立(最近開園の所は私立ですが)幼稚園は主に私立が多いので、市立保育所を増設するというよりも、民間内でやりくりしていこう、という方針なのかもしれませんね。つたない説明ですみません。
ちなみに、県で唯一のこども園は習志野市にあり、昨年新設されました。(東習志野こども園)
また、習志野市では今後、保育所と幼稚園を統合させ、民間に経営を委託する方針も考えられているようです。

2007.02.19 Monday

乳幼児医療費助成

ついに、市原市でも乳幼児医療費助成の通院助成が就学前まで拡大されることになりました!!!
今年8月からの実施で(7月末が切り替え時期のため)通院1回につき200円の支払いで済みます。(現在の3歳未満の助成と一緒)
それと、入院の助成はなんと小学校6年生まで助成されることになりましたが、7日以上の入院につき1日200円の助成がなされるそうです。
遅きに期した感じはありますが、やっと!ですね。嬉しいです!!!
ただ、今年7月末までは現在の助成なので、みなさんお気をつけください。
また、今まで自己負担した分はさかのぼっては助成されませんので、これもお気をつけください。

2007.02.15 Thursday

市原市のファミリーサポート

皆様、すっかりごぶさたしてしまいました。あまりにも書き込みがないのでもうやらないのでは?と心配された方もいるのではないでしょうか?申し訳ありませんでした。
さて、先日やっと「いちはらファミリーサポートセンター入会のご案内」を入手しました。やっと、というのはこれ、市役所の保育課か南国分寺台の社会福祉協議会でしか配布していないからです。(なかなか行く用事がない)
その内容について、利用会員の場合につき少し書かせていただきますと・・・、
市原市在住・在勤の人、生後6ヶ月〜小学校6年生までの子どもが対象、平日7時〜20時までは1人につき1時間700円、それ以外は1時間900円、宿泊は不可。
2人目以降は1人につき上記の条件の半額、これ以外の実費は別途協力会員に現金で支払う。キャンセル料は利用日の2日前までなら無料、それ以降は1時間当たりの金額から全額まで段階的に支払う。入会申し込みは月曜〜金曜8時30分〜17時15分、南国分寺台の社会福祉協議会に会員登録申込書(案内についています)と身分証明書のコピー1部、依頼は利用する日の5日前までとする。預ける前に事前打ち合わせが必要で、アドバイザー・利用会員(子ども同伴)・協力会員とで活動内容などを話し合う。
2回目以降も同じ人に頼むのであれば、事前打ち合わせは必要なし、初回・2回目以降も依頼はセンターまたはアドバイザーへ来所か電話をかける。
会員になると傷害保険・賠償責任保険に加入するが、掛け金はセンターが負担する。
と、いうことですが、いかがでしょうか?利用してみたい、と思いますか?

2006.11.28 Tuesday

学童保育

またまたごぶさたでした。
ところで、来年度からまた学童保育を実施する小学校が増えるようですよ。
青葉台小学校・若宮小学校・五所小学校・戸田小学校の4校で予定されています。
12月の市議会で可決されれば、正式に決まるそうです。
詳しくは 市原市役所 保健福祉部 子どもセンター 保育課
筍横魁檻坑牽横垢北笋す腓錣擦靴討ださいとのことでした。
あと、既存の学童保育所の申し込みはもう始まっているようで、来年の1月15日までなので、予定されている方は早目に出されたほうがいいですね。(先着順ではありません)


ブログ内検索

いちはら子育て応援団で一緒に活動しませんか?

いちはら子育て応援団は、
市原市を中心とした子育て中のママたちが、
やりたいことをやりたい時にやりたい人がやる!
をモットーに活動している団体です。
ちょっとでも興味あるな〜と思った方、
ぜひ応援団主催のイベントやミーティングに、
お子さんと一緒に来てみてくださいネ。
2016年4月より活動拠点が福増ベース
(市原市福増690-1)になりました。

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

最新の投稿

ブログカテゴリー

最新のコメント

  • 苔玉つくり、開催しました( *´艸`)
    aznable
  • 苔玉つくり、開催しました( *´艸`)
    しぃた
  • 9月リフレッシュ講座 ハッピーフォトレッスン報告☆
    maki
  • 9月リフレッシュ講座 ハッピーフォトレッスン報告☆
    北嶋 景子
  • 第4回いちはらパパママフェスタ 6/12(金)〜予約開始!
    maki
  • 第4回いちはらパパママフェスタ 6/12(金)〜予約開始!
    一場 貴裕
  • どんぐり学級おともだち募集
    tomoe
  • どんぐり学級おともだち募集
    &#11088;&#65038;kei5&#11088;&#65038;
  • 『NPOいちはら子育て応援団』になりました。
    maki
  • 子どものこころに届くしかり方・褒め方
    aznable

リンク

プロフィール

その他

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM