2007.02.15 Thursday

市原市のファミリーサポート

皆様、すっかりごぶさたしてしまいました。あまりにも書き込みがないのでもうやらないのでは?と心配された方もいるのではないでしょうか?申し訳ありませんでした。
さて、先日やっと「いちはらファミリーサポートセンター入会のご案内」を入手しました。やっと、というのはこれ、市役所の保育課か南国分寺台の社会福祉協議会でしか配布していないからです。(なかなか行く用事がない)
その内容について、利用会員の場合につき少し書かせていただきますと・・・、
市原市在住・在勤の人、生後6ヶ月〜小学校6年生までの子どもが対象、平日7時〜20時までは1人につき1時間700円、それ以外は1時間900円、宿泊は不可。
2人目以降は1人につき上記の条件の半額、これ以外の実費は別途協力会員に現金で支払う。キャンセル料は利用日の2日前までなら無料、それ以降は1時間当たりの金額から全額まで段階的に支払う。入会申し込みは月曜〜金曜8時30分〜17時15分、南国分寺台の社会福祉協議会に会員登録申込書(案内についています)と身分証明書のコピー1部、依頼は利用する日の5日前までとする。預ける前に事前打ち合わせが必要で、アドバイザー・利用会員(子ども同伴)・協力会員とで活動内容などを話し合う。
2回目以降も同じ人に頼むのであれば、事前打ち合わせは必要なし、初回・2回目以降も依頼はセンターまたはアドバイザーへ来所か電話をかける。
会員になると傷害保険・賠償責任保険に加入するが、掛け金はセンターが負担する。
と、いうことですが、いかがでしょうか?利用してみたい、と思いますか?

2006.11.28 Tuesday

学童保育

またまたごぶさたでした。
ところで、来年度からまた学童保育を実施する小学校が増えるようですよ。
青葉台小学校・若宮小学校・五所小学校・戸田小学校の4校で予定されています。
12月の市議会で可決されれば、正式に決まるそうです。
詳しくは 市原市役所 保健福祉部 子どもセンター 保育課
筍横魁檻坑牽横垢北笋す腓錣擦靴討ださいとのことでした。
あと、既存の学童保育所の申し込みはもう始まっているようで、来年の1月15日までなので、予定されている方は早目に出されたほうがいいですね。(先着順ではありません)

2006.08.18 Friday

育児参加

みなさま、無事帰省先から帰ってきました。いろいろなコメントありがとうございました。下の子は最終泊日の夜、暑くてものすごい夜鳴きをしまして、具合が悪いんではないかと小姑に心配され、もう少しで救急病院に連れて行かれるところでした・・・。
そんな訳でお盆は暇!でした。蒸し暑く天気も悪く、主人は仕事。なので某児童館に行きました。他にも何人かいて、何人かの男性の方もお子さんを連れてきていましたが、中でも皆の注目を集めたのが男の子とまだホントの赤ちゃんを連れてきていた男性。ベビーベットに赤ちゃんを寝かせると子ども達や大人が寄ってきて「かわいい」の連発でベットを覗き込む。赤ちゃんが寝ている間、その男性は男の子と遊び、そのうちに赤ちゃんがむずかってくると哺乳瓶を用意し、手際よくミルクを作って飲ませるではありませんか!
周りにいた人達も「なにか手伝いましょうか」と声をかけたり、とても和やかな雰囲気でした。私はただ「すごーい」と思い、帰宅してから主人にその話をすると「えっ!?」の一言のみ。男性の育児参加が叫ばれる昨今ですが、無理なくこなしている人を見たのは初めてでした。こういう人が増えてくると、少子化なんてどこ吹く風、になるのかなー?と思ってしまいました。

ところで、このサイトの「お仕事をする」がバージョンアップしてましたね。
みなさんもぜひ見てみてくださいね。

2006.08.14 Monday

ファミサポへの(勝手な)思い

Makiです。こんばんは。
引越しまであと3週間切りました。新しい環境に子供達が馴染めるかどうか、少し不安はありますが、子供は親よりも適応力があるので、きっと大丈夫、と信じてます。

今日たゆたゆさんにうちに来ていただき、宣伝(?)用のポスターをちょきちょきぺたぺたと内職しました。たったの30枚+名刺大のチラシ1500枚ですが、少しでも子育て中の皆さんの役に立つことが出来ればと思います。

ファミサポのネタで私も。

先日ママ友にばったり会ったのですが、身内に介護が急に必要になり子供達を預ける人を探して四苦八苦しているとのこと。
生協を利用したりしているけど、これから長くなる介護を考えると決まった人を何人か作っておきたい、友達はお願いばかりになってしまうのでやはり心苦しい、という状況でとても困っている様子でした。

11月からファミサポができるんだよ、との情報は教えておきましたが、必要なのは「今」なんですよね。
こんなときには助け手は多いほどいいです。
私の場合は、恥ずかしながら「HELP」をなりふりかまわず周囲に発信して、自分のための「子育て応援団」を作り上げました。運も良かったんです。
でも、HELPのサインは誰もがタイミングよく受け取れるわけではないです。
ファミサポがあれば選択肢が増えて出会いのチャンスも広がると思うんです。
そして、追い詰められたママもHELPを発信しやすくなると思うんです。

お仕事の有無に関わらず、「HELP!」を発信している誰もが、安心して自分の子供を他人に託すことができる社会。ゆとりある社会。
ファミサポは小さな一歩に過ぎませんが、そんな市原市に少しでも近づくことができるのでは、と期待しています。

2006.07.27 Thursday

ファミリーサポートのいろいろ

今月は順調に働けてるなあと思った矢先、朝から次男が熱をだしてしまいました。
こんなとき病後児保育とかファミサポとかって必ず思い出す私です。

そういえば市原市もファミサポはじまるんだよなぁとふと思い出し他の市においてのファミサポってどんな感じなんだろうと近隣の市のファミサポのサイトをのぞいてみました。

お隣千葉市ですが、料金は時間や休日は変わりますが平日などは1時間700円。おっ、しかもよくよく読むと千葉市在勤の人も利用できるんだ!
(はい私は千葉市在勤者ですw)

しかし更によくよく読むと、どうやら子供の病気を理由には預かってもらえなさそうな感じでした。

それに比べて市川市は料金1時間500円で料金は低めですがやっぱり病気の子は預かってもらえなさそうです。

我孫子市、松戸市は1時間700円で子供の病気の回復期などにも利用できると明記されています。

他にも病気の時預かってくれる所、ダメな所、料金も500円〜800円と差がありました。

病後児保育の施設が充実してない地域としてはファミサポで病後児を預かってくれるという事があると本当に助かりますが実際預かるほうとしてはどうなんでしょうね。

たとえば熱を出して次の日は保育園に行けない事はないんだけど念のため休みたいって思う時などは利用しやすいかと思います。
でもインフルエンザや溶連菌などなど大人にもうつりやすい病気の場合は預かってもらえないのが現状でしょうね。

11月に向けて開設準備を行っている市原市ですがどのような方向でまとめられか今からすごーく気になるところです。


ブログ内検索

いちはら子育て応援団で一緒に活動しませんか?

いちはら子育て応援団は、
市原市を中心とした子育て中のママたちが、
やりたいことをやりたい時にやりたい人がやる!
をモットーに活動している団体です。
ちょっとでも興味あるな〜と思った方、
ぜひ応援団主催のイベントやミーティングに、
お子さんと一緒に来てみてくださいネ。
2016年4月より活動拠点が福増ベース
(市原市福増690-1)になりました。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最新の投稿

ブログカテゴリー

最新のコメント

  • 苔玉つくり、開催しました( *´艸`)
    aznable
  • 苔玉つくり、開催しました( *´艸`)
    しぃた
  • 9月リフレッシュ講座 ハッピーフォトレッスン報告☆
    maki
  • 9月リフレッシュ講座 ハッピーフォトレッスン報告☆
    北嶋 景子
  • 第4回いちはらパパママフェスタ 6/12(金)〜予約開始!
    maki
  • 第4回いちはらパパママフェスタ 6/12(金)〜予約開始!
    一場 貴裕
  • どんぐり学級おともだち募集
    tomoe
  • どんぐり学級おともだち募集
    &#11088;&#65038;kei5&#11088;&#65038;
  • 『NPOいちはら子育て応援団』になりました。
    maki
  • 子どものこころに届くしかり方・褒め方
    aznable

リンク

プロフィール

その他

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM